即日出張 可能エリア

即日出張 可能エリア

サイパラ自慢のスピード対応「即日出張」をぜひお試し下さい。関東エリア以外でも、気軽にご相談ください!

即日出張 可能エリア

即日出張 可能エリア

サイパラ自慢のスピード対応「即日出張」をぜひお試し下さい。中国・福岡エリアも、出張買取!

▶遺品整理・大量案件

遺品整理

ご不要・ご不便を解消するため、各種査定士・鑑定士・遺品整理士・遺品査定士なども常駐しております。大量案件にも非常にスムーズにご対応致します。また、自転車とは関係ない部分でのご相談も承れます。

法人様向けのご案内

法人様向けのお買取

自転車を扱う法人様やショップ様、同業者様へも、安心でスピーディーなお取引に全力投球させていただいております!

▶パーツウェア1点からOK

買取

ホイールやフレーム、コンポはもちろん、小さなパーツやウェア類は専用梱包バッグで、らくらく買取。もちろん事前査定だから安心。

全国楽々・宅配買取

全国楽々・宅配買取

全国スピード対応の自転車の宅配買取は、独自開発のスッポリバッグを使用し梱包いらず手間いらず。しかもスピード対応が自慢です。

店頭へ持込みなら

店頭へ持込み買取

サイパラの店頭にお持ちいただきましたら、交通費として最大¥10,000をキャッシュバックとして査定額にプラスさせていただきます!

スタッフ紹介

スタッフ紹介

自転車の事は自転車のプロへお任せ下さい。自信があります。お客様とのやりとりを行うのは、すべてサイパラの経験豊富な精鋭スタッフです。何でもお気軽にご相談下さい。

買取実績

自転車マメ知識



BMXBMX

GTGT

パーツ・コンポ

工具・ツール


買取エリア実績

買取地域

関東(東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城)

中部(愛知、三重、岐阜、静岡)

関西(宅配買取または一部出張買取

中国(山口、福岡、広島、四国)

その他の地域(宅配買取又は一部出張買取

※宅配買取も専用便を用いて提携会社が取りに伺います。自転車は梱包不要です。

【2017年01月20日更新】

ご売却の前に行って頂く事 ~書類について~

お買取ノウハウシリーズで、一般的にお品物をお売り頂く際や、自転車特有の「面倒に思える事」を書かせて頂いて、「面倒でない」事をお伝えしていきたいと思います。

第一回は、「ご用意頂く書類について」をご説明していきます。
これは、自転車買取のサイパラだけでなく、「必要」という部分では、他の会社様でも自転車同様になりますので、ご参考にしてください。


《目次》

1.必要な書類は何?
 本人確認証
 所有者証明書類
2.所有者証明書類が必要なのはなぜ?
3.書類はどうやって用意すれば良いの?
 3.1「保証書」「販売証明書」
 3.2「防犯登録の控え」
 3.3「譲渡証明書」でも大丈夫?
4.「まとめ」



1.必要な書類は何?

結論から言えば、「本人確認証」と「所有者証明書類」の2点という事になります。
通常、お買取り(ご売却)に必要なのは、本人確認の取れるもの「免許証」「パスポート」などがあれば足りるのですが、権利関係や盗難防止の観点から、自転車(自動車やバイク、不動産はもっと複雑ですが)も、+αの書類が必要になっています。特に、近年は値段の高いスポーツ自転車が盗難にあうケースも数多く見られているため、自転車店としても対策をしっかり行い、未然に防げる部分については各会社ともに勢力的に実施を徹底しています。

自転車ご売却の際の書類について

1.1本人確認証って?

本人確認証とは、いわゆる免許証などの公的な証明書のことで、免許証、パスポート、社員証、学生証などになります。
これは、「古物営業法」に定められているもので、自転車をお買取りさせて頂く際に必ず必要になります。加えて、スポーツ自転車という大変高額なお品物をお取り扱いしております関係上、弊社独自の観点から「顔写真付きの確認書類」とさせて頂いております。お客様にはお手間をおかけしてしまいますが、徹底させて頂く事で、お乗りになられている自転車の盗難の防止に役立っているという点から、ご理解頂けますと大変光栄でございます。

201701190005

マイナンバー記載の個人カードなどにつきましては、「番号自体を他人に見せてはいけない」という事から、本人確認書類としてはお受付できません。ご了承下さい。


1.2所有者証明書類

所有者証明書類は、自転車や自動車、バイクなどを売る時に必要な書類です。販売証明書、保証書、防犯登録の控え、領収書などになります。自転車は「自動車でいう所の車庫証明」のようなものが無いので、所有者証明が大切な役目を果たします。こちらは、自転車をお売りになる際の最初のお手間になってしまいますが、こちらが無い場合は、所有者証明同等の役割を果たしてくれる書類がないと、お買取をすることができません。

こちらは、古物営業法に定められているわけではなく、各自転車買取店舗が自主的に行っている事になります。弊社のサイクルパラダイスでも、その他、自転車買取店を運営されている会社様はほぼ全てが書類が必要となっております。

201701190007



2.所有者証明書類が必要なのはなぜ?

201701190006

所有者証明書類が必要なのは、「書類が無いと買わない」という事で、未然に防犯上の問題で盗難を防げるという部分が強くあげられます。そのほか、自転車を買取しているショップは整備後に販売も行っておりますので、次のオーナー様にご安心頂くという面でも所有者証明書類が必要になってきます。



3.書類はどうやって用意すれば良いの?

201701190006

ご購入時の書類をお持ちであれば、大丈夫です。一式の中に各種証明書類も入っていると思います。
自転車の様に中に書類をしまっておくスペースがないお品物は、書類のようなものもまとめて違うスペースに置かれるケースがあり、「どこへ行ってしまったか」という事になるのかと思います。私も大概そのような側におります。

こちらでは、一見すると見つからない場合におきまして、書類をご用意頂くためのご案内をさせて頂きます。



3.1「保証書」「販売証明書」

販売証明書が見つからない場合は、ずばり「ご購入店舗」までお問合せして頂き、FAXなどをもらう事が可能かもしれません。車体番号、お客様のお名前などを合わせて確認できれば大丈夫です。
販売店舗様のご都合もあるため、少し時間がかかる場合がございますが、書類は保管してありますのでご連絡してみてください。

例えば、ブリヂストンならロビンフット手帳。TREKならGURANTEEなどです。スペシャライズドのお客様は最近オンライン書類になったため、別途ご案内をさせて頂いております。



3.2「防犯登録の控え」

防犯登録は、上記書類があってはじめて行える事なので、一緒に保管というケースが多いかもしれません。防犯登録は登録時の控えがあれば大丈夫です。ただし、最近12か月以内に防犯登録に限りましては、「販売証明書」または「保証書」又は「車体を購入された証明に準ずる書類」のいずれかの書類が必要となります。ご了承下さい。

201701190008


3.3「譲渡証明書」でも大丈夫?

「譲渡証明書」というのは、個人売買の際にもある程度形式なく記述が可能な書類のため、誠に勝手ながら弊社サイクルパラダイスにおきましては「譲渡証明書」のみでのお買取りはおこなっておりません。

前オーナー様の所有又は、購入を証明する書類と合わせてご用意下さい



4.「まとめ」

いかがでしたか?
多くのお客様からのご依頼になるべくお応えしたいと考えるのは、自転車専門店では当たり前ですが、その一方で「場合によっては」ご面倒ないくつかの手順をお願いしてしまっているのも事実で、この理由は「盗難防止」という観点からとなります。もちろん、ご依頼頂いていらっしゃるお客様を疑うという類のものではございません。
全業界の方が、この書類や防犯対策問題にそれぞれの立場で真摯に向き合い、実行することが重要であり、そのようにさせて頂いております。

もし書類がなかった場合でも、お気軽にご連絡ください。査定は無料ですし、所有証明につきまして個別にご案内を行う事ができます。

  • 中古自転車情報チーム

●お持ちの自転車の買取額がすぐにわかります!

まずは今すぐお電話で!査定はもちろん、ご質問・ご相談、その他どんなことでもお気軽にどうぞ。
即日対応。フリーダイヤル:0120-996-686

愛車について

種類 必須

自転車フレームパーツホイールアクセサリー・その他

メーカー 必須

モデル名

年式 

お客様について

お名前 必須

お電話番号 必須

お住まい 必須

メールアドレス 必須

5、その他(入力自由)

6、ファイルを添付

送信完了ページが表示されるまで数秒かかる場合がございます。そのままお待ちください。OSのバージョンにより送信できない場合は、LINE査定もご利用頂けます。

自転車買取のサイパラTOP