即日出張 可能エリア

即日出張 可能エリア

サイパラ自慢のスピード対応「即日出張」をぜひお試し下さい。関東エリア以外でも、気軽にご相談ください!

全国楽々・宅配買取

全国楽々・宅配買取

全国スピード対応の自転車の宅配買取は、独自開発のスッポリバッグを使用し梱包いらず手間いらず。しかもスピード対応が自慢です。

店頭へ持込みなら

店頭へ持込み買取

サイパラの店頭にお持ちいただきましたら、交通費として最大¥10,000をキャッシュバックとして査定額にプラスさせていただきます!

スタッフ紹介

スタッフ紹介

自転車の事は自転車のプロへお任せ下さい。自信があります。お客様とのやりとりを行うのは、すべてサイパラの経験豊富な精鋭スタッフです。何でもお気軽にご相談下さい。

法人様向けのご案内

法人様向けのお買取

自転車を扱う法人様やショップ様、同業者様へも、安心でスピーディーなお取引に全力投球させていただいております!

買取実績

自転車マメ知識




BMXBMX

GTGT

パーツ・コンポ

工具・ツール


買取エリア実績

買取地域

関東(東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城)

中部(愛知、三重、岐阜、静岡)

関西(宅配買取または一部出張買取

中国(山口、福岡、広島、四国)

その他の地域(宅配買取又は一部出張買取

※宅配買取も専用便を用いて提携会社が取りに伺います。自転車は梱包不要です。


自転車工具売るなら自転車買取サイクルパラダイス

自転車買取専門店としてサイクルパラダイスでは、自転車整備における工具の重要性を強く認識しています。近年の自転車人口の増加で個人でも自転車を整備するようになりました。専門工具も多く、使い方も含めて様々な知識と経験が必要となります。モデルチェンジが激しい自転車業界では、必要のなくなった工具をご売却されたいというご依頼も多数承っています。サイクルパラダイスでは、自転車工具を各種お買取りをさせて頂いています。

  自転車工具

 

自転車工具について

非常に高価な車体でも、また安価な車体であっても、全ての自転車は整備を怠れば悪くなる事はあっても、状態が良くなる事はありません。遠方へのツーリング先では自転車店はなく、トラブルに対しては工具が必要になる事が殆どです。自転車の組み替えには専門工具が必要となりますし、また日々のメンテナンスには、クリーニングキットやケミカル類も重要です。日進月歩で進化し続けるスポーツ自転車は、規格が変わる事も多く、専用工具が不可欠です。専門店としてお買取り、整備、販売を行う上で、工具ほど大切な道具はありません。またクラシックなバイクを扱う際には、手に入らない古い工具が必要な事もあります。自転車は全てが分解、組み立てを行う事が出来るパーツの集まりです。適切な工具によるメンテナンスと消耗品の交換によって、何十年と自転車の寿命を延ばす事が出来ます。サイクルパラダイスでは自転車を、後世へと伝える事も一つの意義として、お買取り、販売を行っています。その上で工具の重要性は言うまでもありません。ご売却、ご購入の相談は是非サイクルパラダイスまで。

自転車工具のお買取りについて

スポーツ自転車人口の増加で、個人でも工具を取り揃え、自転車の整備、組み付けを行う方が増えてきました。ご売却、ご購入の要望を受け、それに伴いサイクルパラダイスでは、携帯工具から専門工具までを買取強化としています。メンテナンススタンドや空気入れと日々使うものから、自転車の組み替え時にしか使わない専門工具まで、お買取りさせて頂いている実績が御座います。また工具のなかでもグレードがあり、プロショップが使う工具から、一般向けに販売している工具、量販店で販売しているものなど様々です。長い買取経験から、丁寧に一つ一つの工具を査定させて頂いております。

携帯用の自転車工具の種類

ツーリング先でのトラブルは予測不能ですが、不足の事態に備えるに超した事はありません。ですが大きな荷物になる事は避けたい所です。ここでは起こりやすいトラブルに対して、なんとか走れるように対処出来るツールを中心に紹介していきます。

マルチツール

マルチツールは、十徳ナイフのように折りたたみ式でコンパクトになり、六角レンチなどが収納されています。いくつもの機能が集約されたものもあり、軽量コンパクトでツーリング向けの非常用工具です。

タイヤレバー

パンクに対する処置は、パンク修理かチューブ交換しかありません。そのどちらもタイヤレバーは必須です。タイヤをリムから外すだけの工具ですが、専用のタイヤレバーなくして適切な修理は行えません。

ミニポンプ

スポーツ自転車用の携帯ポンプです。各社かなり小さいものからCO2ボンベ併用のものもあります。あくまで緊急用であるため、空気を入れる効率は悪いですが、ツーリング先にてパンクトラブル時には必要不可欠な道具です。

携帯用チェーンカッター

チェーンを繋いだり外したりする道具です。コネクト式のチェーンを携帯するのも手ですが、非常時に切れたチェーンコマ分だけ短くして走る(走行には注意が必要ですが)などの対処が出来ます。

メンテナンス用の自転車工具の種類

どこまでメンテナンスするかには限度がありません。また専門ショップで見てもらうに超した事はありません。ですがご自身で出来る範囲は、日々のなかで行えると、トラブルの回避率と自転車の寿命向上につながります。

フロアポンプ

空気入れを始めに紹介した理由は、自転車においてもっとも使う事の多い道具の一つが空気入れだからです。特に細いタイヤをご使用であれば、その使用頻度を考えると重要性は大きいです。高圧対応、メーター付き、各種のバルブ対応(英式、仏式、米式)、丈夫な構造であれば問題なしです。

ヘックスレンチセット

六画レンチのセットです。現在のスポーツバイクは殆どの6角ボルトが4.5.6mmのサイズで構成されていますが、メンテナンス用であれば最低1.5mmから6mmまでの7種類のミリサイズの用意が基本です。またディスクローターや一部ボルトは、トルクスレンチと呼ばれる星形が必要です。少なくなりましたがインチ規格のヘックスレンチもあります。

メンテナンススタンド

自転車を立てる為の据え置きスタンドです。逆さまなどにしない限りは、止まった状態で自転車のタイヤやチェーンを回すのは困難です。また安定したスタンドがあればクリーニングから、各部のチェックもしやすくなります。様々なタイプがありますが、置き場スペースや予算に応じて選ぶといいでしょう。

チェーンチェッカー

一般の方にはまだ馴染みがないかもしれませんが、普通に使っていて起きる変速の不具合の多くはワイヤーテンションで、その次に多いのがチェーン伸びです。多段変速のチェーンは細くシングルチェーンに比べて伸びやすいので、トラブルやチェーンリグの摩耗を防ぐにはチェックが必要です。

ニップル回し

しっかりとしたホイールバランスをとるならば振れ取り台が必要ですし、調整には知識と経験が必要ですが、ホイールの振れは数本、もしくは一カ所のスポークの弛みから始まるものが多く、始めの段階でそこだけを増締めする事により、大きな振れを防ぎ、長く使えるホイールにする事が出来ます。ニップルサイズがいくつかあります。

トルクレンチ

最近ではカーボンパーツも多く出回り始めました。カーボン素材を使ったパーツは規定トルクがあり、これを守らずオーバートルクによって破損してしまう恐れがあります。自転車パーツは分解できる反面、走行を繰り返す事によって緩む事もあります。定期的なチェックが必要ですが、適正なトルク管理にはトルクレンチが必要となります。

自転車の組み付け用工具

全ての自転車工具をご紹介する事は難しいですが、もし興味があり、ちょっとしたパーツの交換に興味があったり、いつかは組み付けてみたい予定があるなら、少しづつ集めていくのもいいでしょう。自転車の修理、パーツ交換、組み付け用に代表的な自転車専用工具を中心にご紹介していきます。

チェーンカッター

携帯用工具でもご紹介しましたが、あくまでコンパクト性を重視したものなので、長く適切にチェーンの交換をしていくのであれば、しっかりとした作りのものがいいでしょう。変速数やメーカーなど種類があります。

ペダルレンチ

近年ではビンディングペダルは六角レンチタイプが多くなりましたが、その他は全てペダルレンチが必要です。非常に強い力がかかる部分なので、しっかりとした工具をオススメします。

ワイヤーカッター

自転車用のワイヤーを切る道具です。他のペンチで流用する方もいますが、アウターワイヤーという、インナーワイヤーを通す管を、適切に切るには必ず必要でしょう。

スパナ各種

スパナは一般的な工具ですが、自転車特有なのがヘッドスパナと薄口スパナです。どちらも一般のスパナより薄く、モンキーレンチでの対応が出来ません。どちらも主にカップ&コーンタイプの時代のベアリング調整用です。

スプロケットリムーバー

スプロケットを外す際に、ギヤが回らないように抑える為の工具です。スプロケットの交換時のみに使いますが、外す事でクリーニングもしやすくなります。速数に応じた種類があります。

フリーホイールリムーバー

上記のスプロケットリムーバーで抑え、フリーホイールリムーバーでロックリングを外す、もしくは閉める工具です。スプロケットは定期的にチェックし、増締めをする必要があります。メーカー、年代により種類があります。

ボトムブラケットツール

BBは様々な種類が存在します。その数だけBBを外す為の工具が存在すると言ってもいいでしょう。かつてのBBは増締めが頻繁に必要でしたが、現代のBBは緩む事があまりなくなりました。BB規格によって種類多数です。

振れとり台

ホイールの左右、縦の振れを調整する為の台です。振れとりには多くの知識と経験が必要となります。ホイールのセンターを出す為に、センターゲージが必要になるものもあります。

自転車の工具ブランド(一例)

シマノ

ホーザン

パークツール

KTC

SHIMANO
「シマノ」

HOZAN
「ホーザン」

PARKTOOL
「パークツール」

KTC
「ケーティーシー」

トピーク

バーズマン

レザイン

アイスツールズ

TOPEAK
「トピーク

BIRZMAN
「バーズマン」

LEZYNE
「レザイン」

ICETOOLZ
「アイスツールズ」

自転車工具の買取実績(一例)▶買取実績のご紹介

自転車工具買取の実績をご紹介致します。
自転車用工具メーカーはまだ少なく、コンポーネントメーカーが専用工具を出していたり、パーツメーカーが携帯用工具を作っていたりと様々です。実際にご依頼頂いた中から一部をご紹介いたします。


GRUNGE

GRUNGE(グランジ)自転車工具の買取り実績:トルクレンチ

GRUNGE(グランジ)「トルクレンチ」をお買取しました。
世田谷店にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種自転車工具を買取強化中です。工具は細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

サイパラの自転車買取の取扱モデル

ロードバイク、ピストバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、BMX、小径自転車

自転車の工具はもちろん、パーツ、アクセサリー、完成車などなどスポーツ自転車に関するお品物はどんな種類でもお買取り。ロードバイク(ロードレーサー)クロスバイク小径車・ミニベロマウンテンバイクなどのスポーツ自転車を中心に、ピストバイク、BMX電動自転車、ヴィンテージ車、ホイールパーツ等、各種お取扱・買取しています。スポーツ自転車買取専門店だからいつでも品揃えは最大級です。買取ブランド一覧はこちら

まずは今すぐお電話で!査定はもちろん、ご質問・ご相談、その他どんなことでもお気軽にどうぞ。
電話査定無料。フリーダイヤル:0120-996-686 ネットで価格チェックはこちら


自転車工具買取のご案内です。自転車買取専門店サイパラは、自転車の最高額下取りと全国唯一の即日出張買取を実施。しかも買取価格保証で安心。ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)など各種スポーツ自転車の査定買取実績No.1。


自転車工具買取案内 PAGE TOP