即日出張 可能エリア

即日出張 可能エリア

サイパラ自慢のスピード対応「即日出張」をぜひお試し下さい。関東エリア以外でも、気軽にご相談ください!

▶遺品整理・大量案件

遺品整理

ご不要・ご不便を解消するため、各種査定士・鑑定士・遺品整理士・遺品査定士なども常駐しております。大量案件にも非常にスムーズにご対応致します。また、自転車とは関係ない部分でのご相談も承れます。

法人様向けのご案内

法人様向けのお買取

自転車を扱う法人様やショップ様、同業者様へも、安心でスピーディーなお取引に全力投球させていただいております!

▶パーツウェア1点からOK

買取

ホイールやフレーム、コンポはもちろん、小さなパーツやウェア類は専用梱包バッグで、らくらく買取。もちろん事前査定だから安心。

全国楽々・宅配買取

全国楽々・宅配買取

全国スピード対応の自転車の宅配買取は、独自開発のスッポリバッグを使用し梱包いらず手間いらず。しかもスピード対応が自慢です。

店頭へ持込みなら

店頭へ持込み買取

サイパラの店頭にお持ちいただきましたら、交通費として最大¥10,000をキャッシュバックとして査定額にプラスさせていただきます!

スタッフ紹介

スタッフ紹介

自転車の事は自転車のプロへお任せ下さい。自信があります。お客様とのやりとりを行うのは、すべてサイパラの経験豊富な精鋭スタッフです。何でもお気軽にご相談下さい。

買取実績

自転車マメ知識




BMXBMX

GTGT

パーツ・コンポ

工具・ツール


買取エリア実績

買取地域

関東(東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城)

中部(愛知、三重、岐阜、静岡)

関西(宅配買取または一部出張買取

中国(山口、福岡、広島、四国)

その他の地域(宅配買取又は一部出張買取

※宅配買取も専用便を用いて提携会社が取りに伺います。自転車は梱包不要です。


ホイール売るなら自転車買取専門サイクルパラダイス

自転車買取専門店としてサイクルパラダイスでは、ホイールの重要性を自転車における最も大事なパーツとして捉えています。ホイールなくして自転車は機能しません。むしろホイールこそ自転車という乗り物を機能させる主体として考えています。それ故に様々なホイールが存在し、完成車価格を上回る価格の商品も多く存在します。それらは単にパーツとしての価値以上に、サイクルパラダイスでは価値ある存在としての買取対象と捉えています。様々なジャンル、グレードのホイールも各種高価買取しております。ホイールメーカー各種のお取扱いもございますので、フレームや車体以外でも、1品1品を丁寧に査定させて頂きます。

  

 

現在のホイールの状況について

近年ロードバイクが一般的になり、メカに関するコンポーネントはパッケージ化され、ホイールはハブ、スポーク、リムといったパーツを選択しての手組みホイールから、トータルバランスのいい完組ホイールへと以降しました。それらはホイールの性能を格段に向上させると同時に、ホイール専門のメーカーも数多く誕生する流れとなりました。開発競争が進み、コストパフォーマンスの高い商品から、プロユースの商品まで、毎年様々なモデルが発売されます。様々なホイールが存在するなかで、適正な価値を見いだす事は、長い経験と、多くの知識が必要となります。現在ではトップグレードの完成車に、トップグレードのホイールが付く事はほとんどありません。完成車がお求めやすくなった要因はいくつかありますが、ミドルグレードの車体であっても、エントリークラスのホイールをセットする事によって、価格は抑えられます。ホイールというパーツは自転車のトータルの性能に大きく影響を与える一方、非常に高価なため、完成車のホイールのグレードは現在では低めのものがセットされているのが一般的です。

ホイールのお買取りについて

現在の完成車にセットされるホイールが先に述べた理由から、完成車をご購入後にホイールを交換する事が近年ではひとつのトレンドとして一般化しつつあります。様々なレース、イベント、ロードバイクの楽しみが広がるにつれて、それに合わせた専用のホイールも開発され、車体との組み合わせによって自転車の性能は様々に変化します。本格的にロードバイクをされている方は、練習用のホイールと決戦用のホイールを用意されている方も少なくありません。また多段化が進むコンポーネントは、それに合わせたフリーボディが必要になり、コンポーネントのカスタマイズによっては、ホイールの交換が必要になる場合もあります。それら多くの要因から、ホイールの買い替え時にご売却を検討され、サイクルパラダイスでは多くのご相談をお受けする事が多くなりました。長い経験と知識に基づいたスタッフが、お客様のホイール交換時に大切なホイールを丁寧に査定、お買取りさせて頂いています。

自転車のホイールの構成について

ハブ

ハブは、車輪中央にある円筒状の部品です。中心には車輪軸(シャフト)が通り、数組のベアリングがこれを支えています。後輪ハブにはギア(歯車)が取り付けられ、現在では多くの製品がフリーボディと呼ばれるパーツに、スプロケット(主に多段ギヤ)を装着します。円筒の両端にフランジと呼ばれる襟が付いており、フランジに並ぶ穴にスポークを通して引っ掛ける。

スポーク

スポークは、ハブとリムを繋ぐ棒状部品。一端のかぎ(鉤)形に曲がった部分をハブフランジの穴に引っ掛け、もう一端のねじが切ってある部分を、ニップルを介してリムに固定します。 一般的なスポークの太さは端から端まで同じであるが、スポーク中央部の太さを細くした軽量型や、スポーク中央部を平たくした空気抵抗軽減型といった特殊なスポークがあり、現在では素材や形状など様々なスポークが存在します。このスポークの組み方も様々な種類があり、剛性や重量などに影響します。

ニップル

ニップルは、スポークをリムに繋ぎ止めるための小さなナットです。スポークレンチを使用してニップルを回転させることでスポークのテンション(張力)を調整する。普通ニップルはスポークのリム側にあるが、完組ホイールの一部には重量を中心に移動させる目的でハブ側にある場合もある。素材は真鍮が多く、真鍮の3分の1ほどと軽量で着色ができるアルミニップルも普及しています。

リム

多くはクリンチャーと、チューブラー、チューブレスといったタイプに分かれます。また素材も多くはアルミですが、カーボン製、一般車では鉄製などがあります。リムハイトと呼ばれる、リムの高さもそれぞれで、現在ではディスクブレーキの普及から、ブレーキシューの当たる面のないエアロタイプも登場してきています。ホイールの中ではタイヤの次に一番外周のパーツになるため、軽量化と剛性のバランスが非常に重要になります。次の項目では一般的な3タイプのリム、タイヤ形式をご説明します。

チューブラー

チューブラーリムは、リムにタイヤを固定する構造がなく、タイヤとリムの固定にはリムセメント、もしくは専用のテープを用いて接着します。チューブラータイヤは振動吸収性が比較的高く、剛性もあり、軽量化のメリットなどからプロロードレースの世界では多くの選手がこのタイプを使用しますが、メンテナンス性が悪いのがデメリットです。

クリンチャー

WO(ワイヤードオン)、HE(フックドエッジ)、BE(ビーデッドエッジ)の3種類があります。クリンチャータイヤは内部にチューブを入れる事によって、タイヤを膨らませ、その圧力でリムをクリンチする事によって、タイヤとリムが接着されます。

チューブレス

チューブレスタイヤに用いるリムです。チューブの破損によるトラブルを防ぐため、マウンテンバイクで多様されていましたが、近年ではロードバイクでも採用され始めています。空気圧によってリムにタイヤがクリンチする構造はほぼ同じですが、チューブがないため、リムのタイヤ側にも穴がなく、リム自体の強度も増しますが、タイヤ装着には困難を要する事が多くあります。

自転車のホイールのパターン・種類

手組ホイール

ユーザーまたは専門店などでハブ・スポーク・リムを選択し、組み合わせて完成するホイール。汎用部品を使用するため特徴のあるホイールは作れないが、部品が手に入りやすいので補修が容易である。組む人の技術によってホイールの精度に大きな差が出ます。

完組ホイール

メーカーが自社部品のみを使って完成したホイール。さまざまな規格にとらわれることなく大胆な設計が許されるので、クセの強い(性能が特化した)ホイールを作ることができる。手組のように精度にばらつきが出るようなことがなく、常に安定した品質を得られる。半面、部品は専用の物しか使用できないので、補修部品が手に入りにくかったり、一般ユーザーにはメンテナンスが難しい場合があります。

ディスク、バトンホイール

主にTTマシンなどで使われる事が多く、コンポジット(複合材)で作られる事が多いホイールです。素材としては主にカーボンですが、アルミなどもあります。バトンホイールはスポークの本数が各種あり、多くの場合はフロントホイールで使用します。ディスクホイールは、主にリヤホイールとして使われ、スポークがなく、全体が円盤のように覆われています。

自転車のホイールブランド(一例)

シマノ

カンパニョーロ

マヴィック

フルクラム

SHIMANO
「シマノ」

CAMPAGNOLO
「カンパニョーロ」

MAVIC
「マヴィック」

FULCRUM
「フルクラム」

イーストン

レイノルズ

ジップ

ライトウェイト

EASTON
「イーストン」

REYNOLDS
「レイノルズ」

ZIPP
「ジップ」

LIGHTWEIGHT
「ライトウェイト」

ヘッド

ファストフォワード

エンヴィ

コリマ

HED
「ヘッド」

FFWD
「ファストフォワード」

ENVE
「エンヴィ」

CORIMA
「コリマ」

ホイールの買取実績(一例)▶買取実績のご紹介

ホイール買取の実績をご紹介致します。
様々なメーカー、ブランドが存在するホイールですが、ホイールカスタマイズのブームもあり、多くのお客様からご依頼頂いております。有名ブランドは人気も高く、常に買取を強化しています。実際にご依頼頂いた中から一部をご紹介いたします。


スピナジー

SPINERGY(スピナジー)の買取り実績:リア用 ホイール

SPINERGY(スピナジー)「リア用 ホイール」をお買取しました。
世田谷店にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

マビック

MAVIC(マビック)ホイールの買取り実績:R-SYS SLR(アールシス SLR)ISM4D(インタースポークミリング4D)

MAVIC(マビック)「R-SYS SLR(アールシス SLR)ISM4D(インタースポークミリング4D)」をお買取しました。
静岡県御殿場市お客様より宅配買取にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

FAST FORWARD

FAST FORWARD(ファストフォワード)ホイールの買取り実績:F4R 240

FAST FORWARD(ファストフォワード)「F4R 240」をお買取しました。
神奈川県川崎市高津区のお客様より宅配買取にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

WH-9000

SHIMANO(シマノ)ホイールの買取り実績:DURA-ACE(デュラエース)WH-9000 C35 TU

SHIMANO(シマノ)「DURA-ACE(デュラエース)WH-9000 C35 TU」をお買取しました。
群馬県桐生市のお客様より宅配買取にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

バレット

CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)ホイールの買取り実績:BULLET(バレット)

CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)「BULLET(バレット)」をお買取しました。
愛知県名古屋市のお客様より宅配買取にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

キシリウム125

MAVIC(マビック)ホイールの買取り実績:KSYRIUM125(キシリウム125)

MAVIC(マビック)「KSYRIUM125(キシリウム125)」をお買取しました。
東京都江戸川区のお客様より出張買取にてお買取致しました。サイクルパラダイスでは、各種パーツ、ホイールを高価買取中です。パーツは細かなものまで、一点一点丁寧に査定を行っています。是非ご相談ください。
>買取実績詳細はコチラ

サイパラの自転車買取の取扱モデル

ロードバイク、ピストバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、BMX、小径自転車

ホイールははもちろん、完成車、コンポ、フレーム、などスポーツ自転車に関するお品物は、どんな種類でもお買取り。ロードバイク(ロードレーサー)クロスバイク小径車・ミニベロマウンテンバイクなどのスポーツ自転車を中心に、ピストバイク、BMX電動自転車、ヴィンテージ車、ホイールパーツ等、各種お取扱・買取しています。スポーツ自転車買取専門店だからいつでも品揃えは最大級です。買取ブランド一覧はこちら

まずは今すぐお電話で!査定はもちろん、ご質問・ご相談、その他どんなことでもお気軽にどうぞ。
電話査定無料。フリーダイヤル:0120-996-686 ネットで価格チェックはこちら


自転車ホイール買取のご案内です。自転車買取専門店サイパラは、自転車の最高額下取りと全国唯一の即日出張買取を実施。しかも買取価格保証で安心。ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)など各種スポーツ自転車の査定買取実績No.1。


自転車ホイール買取案内 PAGE TOP